台風の時の窓ガラス対策

台風が迫って来ると、雨戸がない場合、窓ガラスに強風が直接当たり、ガタガタいうときがあります。
窓に手を当てると強い風で窓ガラスが膨らんでいて、今にも割れるのではないかと心配にもなりますが、そんなとき、応急処置として次のような対策法があります。

 

解決のヒント(1)
外側からベニヤ板を打ちつける
強い風や、外からの飛散物から窓を守るための昔からの方法です。しかし、壁に釘の打ちつけができない場合は不可能。または打ち付け方によっては、簡単にはずれてしまうので注意が必要です。

 

解決のヒント(2)
飛散防止フィルムを貼る
事前にホームセンターなどで購入し、用意しておく必要がありますが、万が一窓ガラスが割れた場合、ガラスが飛び散らないようにすることができます。また、多少は割れ防止の効果もあります。
「窓ガラス強化フィルム」というものも販売されていますが、こちらは防犯用に開発されたもので、鍵付近に貼り付けるようになっており、サイズが小さめです。

 

解決のヒント(3)

ガムテープを貼る
内側からガムテープを×印に貼り、さらに十字に貼る。
ガムテープの変わりに布テープやビニールテープも有効です。
窓ガラスを強化する効果も少しはありますが、割れた場合の飛散防止にもなります。

 

解決のヒント(4)
内側からダンボールを貼る
これも、窓ガラスが割れた場合に室内にガラスの破片が飛び散らないようにするための応急処置です。割れてしまった場合のことも考えて、ブルーシートなども用意しておくと良いでしょう。

 

今後の対策
これからの日本では、今まで以上に台風の襲来や集中豪雨、竜巻の襲来などが予想されます。
前もって、窓ガラスに雨戸をつけておくとか、強化ガラスに変えるなどの対策をしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク