ワイシャツの襟の汚れを落とす方法

ワイシャツの襟に黒っぽくついてしまった汚れは、普通に洗濯機で洗っただけではなかなか落ちません。襟汚れは、毛穴から出る皮脂が酸化して繊維にからみつくために発生するので、その皮脂を分解することができれば、上手に落とすことができます。

 

解決のヒント(1)

洗濯用固形石けんでこする

洗濯用の固形石けんを、水で濡らした襟汚れの部分にこすりつけ、その後は他の洗濯物と一緒に普通に洗濯機で洗います。さほどしつこい汚れでなければ、きれいに落ちます。

 

解決のヒント(2)

襟・袖用の洗剤を使用する

ドラッグストアやスーパーなどで売っている「襟・袖用の洗剤」を、濡らしたシャツの汚れた部分に塗り、5分ほど放置します。その後は他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗います。

 

解決のヒント(3)

スティックのりを使用する

図画工作などで使われるスティックのりを、シャツの汚れている部分に塗り、いったん乾燥させます。その後は普通に洗濯機で洗います。のりに含まれている成分に脂汚れを分解する作用があるため、よく落ちます。

 

解決のヒント(4)

酸素系漂白剤を使用する

塩素系漂白剤に比べ、安全性の高い酸素系漂白剤でワイシャツの襟汚れを取ることができます。バケツに水と酸素系漂白剤少々を入れ、シャツをつけておきます。数時間後、軽くすすいで洗濯機で洗います。

 

解決のヒント(5)

食器洗い用の中性洗剤を使用する

食器洗い用の中性洗剤には、もともと油(脂)を分解する作用があります。うすめた食器用中性洗剤をスポンジなどにつけ、襟汚れの部分をこすり洗いしたのち、洗濯機で洗うときれいに落ちます。

 

解決のヒント(6)

重曹とクエン酸を使用する

重曹少々を水で溶かしてペースト状にし、使い古した歯ブラシなどで襟汚れの部分にこすりつけます。その後、水で薄めたクエン酸(または食用酢)をスプレーするとシュワーと音を立てて汚れが分解されます。あとは洗濯機で普通に洗濯します。多少、頑固な汚れでもこの方法ならよく落ちます。

 

解決のヒント(7)

重曹と酸素系漂白剤を使用する

上記の方法でも取れないしつこい汚れの場合は、重曹と酸素系漂白剤を使用してみてください。市販の重曹と酸素系漂白剤を1:1の割合で混ぜ、ぬるま湯でペースト状にし、襟汚れの部分に塗りこみます。その後、汚れた部分をアイロンのスチームまたはやかんの口から出る蒸気にあてます。(アイロンは直接布地に触れないように、少し浮かしてスチームを当てます。)汚れがみるみる溶けて行くので、あとは洗濯機で普通に洗います。

この方法は、カレーやケチャップなどのシミ落としにも有効です。

 

⇒ 重曹(アマゾン)