花粉症を予防する方法

花粉症は、花粉が飛散する時期になる前に予防することにより、症状を軽くすることができます。
毎年、花粉症に悩まされる方は、なるべく数ヶ月前から対策を取るようにしましょう。

症状を完全に抑えるのは難しいかもしれませんが、自分に合う方法が見つかれば、つらい症状を緩和することができます。

花粉症を予防する方法・花粉症対策

花粉症を予防するには、次のような方法があります。複数の対策を行うのもおすすめです。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはさまざまな健康効果がありますが、花粉症の症状を緩和する効果も良く知られています。

花粉症は、異物が体内に入ったときに排除しようとする過剰反応が原因ですが、乳酸菌にはこの過剰反応を抑える働きがあるからです。

すぐに効果が出るわけではありませんが、毎日100~200gぐらいのヨーグルトを食べることにより、花粉症の症状を軽くすることができます。

LG21乳酸菌が含まれている「明治 LG21ヨーグルト」、1073R-1乳酸菌が含まれている「明治 R-1ヨーグルト」、フェカリス菌が含まれている「伊藤園 朝のYoo」、L-92乳酸菌が含まれている「カルピス アレルケア」などがおすすめです。

べにふうき緑茶を飲む

べにふうき緑茶は、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」とダージリン系「枕cd86」の交配によってつくられたお茶です。

渋味成分であるメチル化カテキンが、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの放出を抑える働きがあるため、つらい花粉症の症状を和らげます。

ただし、即効性があるわけではないので、花粉の季節が始まる前から飲むのが効果的です。

べにふうき緑茶は通販でも購入できますが、出来る限り無農薬有機栽培のものがおすすめです。

アマゾンでべにふうき緑茶を見る

楽天市場でべにふうき緑茶を見る

甜茶(てんちゃ)を飲む

甜茶(てんちゃ)は、中国南西部を原産地とするバラ科の植物から作られたお茶で、飲むと少し甘味があります。

甜茶に含まれる「GODポリフェノール」には、ヒスタミンの分泌抑制作用と抗炎症作用があるため、花粉症の予防にも役立ちます。

特に花粉が飛散する1ヶ月前くらいから、毎日欠かさず飲むようにすると効果的です。

漢方薬を服用する

医薬品に比べ副作用が少なく、穏やかに体質を改善しながら花粉症を予防できるのが漢方薬です。

早めに自分に合った漢方薬を服用することにより、ほとんど気にならないくらいに花粉症の症状を抑えることも可能です。

花粉症の緩和に効果があるとされる漢方薬には、「小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)」、「葛根湯加川弓辛夷 (かっこんとうかせいきゅうしんい)」「麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)」などがあります。

漢方薬を服用する場合は、その人の体質や持病などを考慮する必要があるため、漢方薬専門店や医師、薬剤師に相談した上で服用するようにしてください。

サプリメントを摂る

効き目には個人差がありますが、最も手軽に花粉症を予防できるのが、サプリメントです。

花粉症に有効とされるサプリメントには、くしゃみや鼻水を抑える「メチル化カテキン」、ヒスタミンの過剰放出を抑制する「トマトポリフェノール」「プロポリス」、鼻づまりや目のかゆみを抑える「シソエキス」、抗アレルギー作用のある「バラの花エキス」「甜茶エキス」、免疫機能を正常化する「アガリクス」などがあります。

サプリメントは、たくさん飲めば効くというものではありませんので、1日の用量を守るようにしましょう。

花粉症対策サプリメント(アマゾン)

花粉症対策サプリメント(楽天市場)

抗アレルギー薬を服用する

毎年、花粉症の症状がひどくなることがわかっている場合は、早めに医師の診察を受け、花粉が飛散する2週間前から「抗アレルギー薬」を服用することにより、症状を軽くすることができます。

抗アレルギー薬にはヒスタミンの放出を抑える作用があるため、花粉症のつらい症状を緩和しますが、点鼻薬と点眼薬を併用する場合もあります。

注射による予防

スギ花粉が原因の花粉症の場合、皮下注射によって予防をすることもできます。

「減感作療法(特異的免疫療法)」というもので、スギ花粉を薄めたものを皮下注射し、免疫をつくることでアレルギー症状を抑えます。

この方法は非常に効果的である一方、スギ花粉以外のアレルギーには効果がなく、人によってはショック症状を起こすこともあるので、医師と良く相談されることをおすすめします。

家族の健康と美容
スポンサーリンク
くらしのSOSメモ
タイトルとURLをコピーしました