ウォーキングを長く続けるコツ

ウォーキングが健康と美容のために良いとわかっていてもなかなか続かない。いつも三日坊主で終わってしまうという方のために、ウォーキングを長く続けるコツを挙げてみましたので、参考にしてみてください。なお、ウォーキングを始める前には簡単なストレッチを行い、日焼け対策と水分補給も忘れないようにしてください。

 

解決のヒント(1)
リズムに乗って楽しく歩く
本来、歩くこと、歩けることはとてもすばらしいことです。
ハミングするような気持ちで、リズムに乗って楽しく歩きましょう。ウォーキングの楽しさを感じることができれば、自然に続けられるようになります。

 

解決のヒント(2)
休みたいときは休む
体調が悪いときや、気が進まないとき、また雨風が強いときなどは、無理をせずに休みましょう。
ウォーキングに対して義務感のようなものを持ってしまうと、苦痛になってしまい、長続きしません。

 

解決のヒント(3)
周囲の景色を楽しむ
歩きながら、周囲の景色を楽しむようにしましょう。四季折々の自然の変化を肌で感じたり、木々や草花、鳥の声などに耳を傾けるのも、ウォーキングの醍醐味のひとつです。デジカメやスマートフォンを持参して、写真を撮りながら歩くのもウォーキングを楽しく続けるコツです。

 

解決のヒント(4)
ウェアやシューズを新調する
おしゃれなウォーキングウェアや、軽快なウォーキングシューズを新調してさっそうと歩いてみましょう。それだけでも、自然に毎日歩きたくなります。

 

解決のヒント(5)
習慣化する
毎日の歯磨きや入浴のように、習慣化してしまうのもウォーキングを長く続けるコツのひとつです。最初のうちは少し大変ですが、一度習慣化してしまうと、自然に身体が動くようになります。

 

解決のヒント(6)
ペットの散歩を兼ねる
犬などのペットを飼って散歩を兼ねるようにすると、ウォーキングも否応なしに長続きします。また、ペットと一緒に歩くということは、ひとりで歩くよりも心強く、新しい発見や格別の楽しさもあります。

 

解決のヒント(7)
歩数計を持参する
歩数計を持参してウォーキングをするのも、長く続けるコツのひとつです。目標を決めておいたり、1日に歩いた歩数を記録したおいたりすることにより、達成感が味わえるため、ウォーキングをすることが楽しくなります。

 

解決のヒント(8)
戻って来た時の楽しみを用意しておく
シャワーを浴びるためのタオルを用意しておいたり、冷たい飲み物を用意しておいたり、またはおいしいケーキなど、戻って来たときの楽しみを用意しておくことにより、ウォーキングがより楽しくなるため、続けやすくなります。

 

解決のヒント(9)
自分に合ったスタイルで普通に歩く
「歩幅を大きめにとる」とか「腕を振りながら歩く」など、効果的なウォーキングのやり方がありますが、それにとらわれず、自分に合ったスタイルで普通に歩くことが一番です。自分が心地よいと思える歩き方で楽しく歩くことが、ウォーキングを長く続けるコツです。

 

 

スポンサーリンク