お中元の選び方と贈り方

今では夏のイベントのひとつにもなっている「お中元」。お中元は、日頃お世話になっている方に対して感謝の気持ちや、健康を気遣う気持ち、これからもよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈ります。
お中元の選び方や贈り方には厳密な決まりはありませんが、贈る相手によって基本的なマナーがあるので覚えておきましょう。

 

お中元を贈る時期は?
お中元を贈る時期は地方によって多少異なりますが、7月上旬から7月15日が一般的です。
関西地区など、旧盆(月遅れ盆)の習慣がある地域では、7月上旬から8月15日となっています。

うっかりしてお中元の時期を過ぎてしまった場合や、贈る相手方に不幸があった場合は、少し時期をずらして、のしの表書きには「暑中見舞い」、「残暑見舞い」などとして贈りましょう。

 

お中元は誰に贈る?
お世話になっている人には、必ず贈らなければならないという決まりはありませんが、一般的には次のような人に贈ります。

・勤め先の上司
・兄弟姉妹、親戚
・親しい友人・知人
・子供のお稽古ごとの先生
・結婚している場合は、お互いの実家の両親
・仲人

 

お中元の選び方
お中元を選ぶ際は、次のようなことを参考にしてみてください。

・お中元の予算は、3,000円から5,000円が最も多くなっています。
・贈る相手の好みを中心に選びましょう。(お酒が好きな方、果物が好きな方、生鮮食品が好きな方、甘いものが好きな方など)
・相手の家族構成を考えて選びましょう。(子供がいる家庭、高齢者がいる家庭などは、家族みんなで食べられるものなどがおすすめです。)
・夏なので、食料品を贈る場合は保存のきくもの、暑さで傷まないものを選びましょう。
・ありふれたものよりは、地方から取り寄せた産直品や名産品などが喜ばれます。

 

スポンサーリンク

 

お中元の人気商品
お中元として人気の商品には、次のようなものがあります。
・ビール、日本酒などのアルコール類
・ジュース、スポーツドリンク
・メロン、桃、ぶどうなど、夏の果物
・アイスクリーム、ゼリーなどの詰め合わせ
・ひやむぎ、そうめん、そばなどのめん類
・おつまみセット
・ハムの詰め合わせ
・牛肉、豚肉、鶏肉
・魚、水産加工品
・コーヒー、紅茶、緑茶
・タオル、シーツ
・地域の特産物
・菓子、クッキーなどの詰め合わせ
・商品券

 

お中元ののしと表書き
お中元の「のし紙」は、婚礼関係以外のお祝い事に用いる「紅白の蝶結び」が一般的です。のしを簡略化した「「短冊のし」を用いることもありますが、上司や目上の方への贈り物にはあまり使用されません。
また、肉類や魚類などの生ものを贈る場合は、のしは付けないのが一般的です。

水引の上には、表書きとして「お中元」または「御中元」と書き、水引の下には少し小さめの文字で贈り主(自分の名前)を書きます。家族で贈る場合は、姓のみでもかまいません。
この表書きは、本来は毛筆で書くことになっていますが、現代は筆ペンやサインペンで書く人が多くなっています。

また、品物を持参して手渡しする場合は、包装紙の上からのしをかける「外のし」が、宅配便で送る場合は、包装紙の内側にのしをつける「内のし」が一般的です。

 

お中元の贈り方は
近年は、デパートなどから直送したり宅配便で送るケースが多くなっていますが、先方宅に直接持参するのが正式なマナーとなっています。

持参する場合は風呂敷に包むか、デパートやお店の紙袋に入れて持って行き、挨拶をしてから品物の表書きが読めるように向きを変えて両手で手渡します。

デパートなどから直送する場合は、品物に挨拶状を同封するか、荷物が届くころに合わせて別に書状を出します。

宅配便で送る場合は、品物が届く前に送り状を郵送するのが正式なマナーになっていますが、日頃から親しくしている友人・知人や兄弟姉妹、両親などへ送る場合は、簡単に電話やハガキで知らせておきましょう。

 

スポンサーリンク