ぬか漬けが酸っぱくなってしまったら

一生懸命、手入れしているにもかかわらず、ぬか漬けが酸っぱくなってしまうことがあります。

ぬか漬けが酸っぱくなってしまう原因は、乳酸菌が増えすぎて過剰発酵してしまったことですが、酸っぱくなってしまったぬかは、次のような方法で再生させてみましょう。

 

解決のヒント(1)

卵の殻を入れる

卵1個の殻の薄い皮の部分を取り除き、乾燥させたものを砕いてぬかの中に入れ、かき混ぜてみてください。

卵の殻のカルシウムが、酸っぱさの元になっている酸を中和させ酸味を抑えます。

 

解決のヒント(2)

カラシを入れる

大さじ1杯の粉末カラシまたは練りカラシを入れて混ぜます。

カラシには、菌の繁殖を抑える働きがあるため、乳酸菌の過剰発酵を抑えることができます。

 

解決のヒント(3)

塩を足す

塩を足すことにより、乳酸菌の過剰発酵を抑えることができるので、酸っぱさを軽減することができます。

 

解決のヒント(4)

涼しい場所に移動する

ぬか漬けの保存場所が暖か過ぎると、乳酸菌の過剰発酵が進みます。ぬか床の乳酸菌の適温は20~25度ですが、これ以上暖かいようなら、涼しい場所に移動しましょう。

また、冷蔵庫で3日くらい休ませるのも効果的です。

 

 

スポンサーリンク