古いビールの活用法

いつの間にか賞味期限が過ぎてしまったビールは、捨てないで再利用しましょう。古いビールは、次のように色々な活用法があります。

※古い缶ビールなどを開ける際は、泡が吹き出ることがあるので、注意してください。

 

解決のヒント(1)

レンジ周りの掃除に使用する

布にビールをしみこませて、ガスレンジ周りやタイル、換気扇などを拭いてみてください。ビールに含まれるアルコールと、ビタミンE、炭酸などが油汚れを溶かすので、軽く拭いただけでもきれいになります。ビールの臭いは、時間が経てば消えます。

 

解決のヒント(2)

ナメクジ退治をする

ジャムの空きビンなどにビールを入れ、ナメクジが出そうなところに置いておきます。臭いに誘われてナメクジが寄ってきますが、そのままビンの中に入ってしまいます。

 

解決のヒント(3)

観葉植物の肥料にする

水で薄めて散水することにより、観葉植物やその他の植物の肥料にすることができます。ビールに含まれる糖分などが植物の栄養になるからです。また、ビールを含ませた布で、観葉植物の葉を拭くと、艶が出てきれいになります。

 

解決のヒント(4)

肉料理に使用する

豚肉、牛肉、鶏肉などの肉をしばらくビールにつけておいてから焼くと、柔らかくなります。カレーやシチューの肉も、煮込む前にビールにつけておくと、柔らかくなり風味も良くなります。

 

解決のヒント(5)

衣類のシミ抜きに使用する

シミのついた部分をしばらくビールに浸けておき、きれいな布でたたいた後、洗剤で洗うとシミが消えます。

※布の素材によっては、消えないものもあるので、テストしてから行ってください。

 

解決のヒント(6) 

錆びたネジをゆるめる

錆びて動かなくなってしまったネジの周囲にビールを垂らし、しばらく置いておきます。ビールに含まれる炭酸がサビを溶かし、ネジが動くようになります。

 

解決のヒント(7)

魚の臭み抜きに使用する

魚の下ごしらえの時に少量のビールをふりかけておくだけで、魚の臭みが抜けます。

 

解決のヒント(8)

漬物に使用する

ビールと砂糖、みりん、しょう油を混ぜたものに野菜を入れておくと、即席漬けが作れます。また、ぬか床にビールを少量入れておくと、ビールに含まれる酵母菌などの作用でバクテリアが活発になり、漬物の味が良くなります。

 

解決のヒント(9)

冷蔵庫の掃除に使用する

きれいな布にビールを含ませ、冷蔵庫の中を拭くと、アルコールの作用で殺菌・消毒にもなります。ビールの臭いは、時間が経つと消えます。

 

解決のヒント(10)

お風呂に入れる

いわゆるビール風呂というもので、体が温まり血行が良くなるので、冷え性の改善や高血圧、動脈硬化の改善にも効果があるとされています。肌もスベスベになります。

 

 

スポンサーリンク