ブーツを履いた時の足の臭い対策

ブーツを履いてさっそうと歩きたい。でも脱いだ時のあの足の臭いが・・・。実はブーツの中は密閉状態になっているため、体温と汗で温度と湿度が上昇し、雑菌が大繁殖しています。

ブーツを履いた時の足の臭い対策としては、この雑菌の繁殖を防ぐ必要があります。

 

解決のヒント(1)

足を清潔に保つ

臭いの元となる雑菌の繁殖を防ぐには、足を清潔に保つことが基本です。足には目に見えない無数の細菌がついていてその細菌の数をゼロにすることはできませんが、清潔にしておくことにより、細菌の数を減らすことができるからです。

入浴時には、足の指の間や爪の内側まで丁寧に洗うようにしましょう。また、ブーツを履く前にアルコール入りのウェットティッシュで足をサッと拭き、乾いてから履くというようにすると、ある程度雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

解決のヒント(2)

インソール(中敷)を工夫する

ブーツのインソール(中敷)に、吸湿効果・消臭効果・抗菌効果のあるものを入れておくと、足の雑菌の繁殖を抑え、臭い対策にもなります。

 

解決のヒント(3)

消臭スプレーを使用する

足専用の消臭スプレー(デオドラントスプレー)が市販されているので、ブーツを履く前にスプレーしておくと足の臭いを抑えることができます。また、外出先で臭いを感じた時のために、携帯用の消臭スプレーも市販されています。

消臭スプレーを使用した時は、スプレー液が完全に乾いてからブーツを履くようにしてください。

 

解決のヒント(4)

ブーツを乾燥させる

1日履いたブーツの中には、足から出た汗がこもっており、目に見えない雑菌もウヨウヨ。消毒用アルコールをブーツの内側にスプレーした後にティッシュや柔らかい布などで拭き取り、完全に乾燥させると雑菌が消え、臭いもなくなります。1日以上風通しの良い場所で日陰干しをするのが理想ですが、間に合わないときは、ドライヤーや扇風機などを利用して乾燥させましょう。

 

解決のヒント(5)

緑茶・コーヒーの出しがらを入れておく

緑茶やコーヒーの出しがらには、消臭効果、殺菌効果があります。よく乾燥させた緑茶やコーヒーの出しがらをきれいなガーゼなどに包み、脱いだブーツに入れておくのも、臭い対策になります。

 

解決のヒント(6)

ストッキングや靴下を工夫する

ストッキングや靴下は、通気性が良く蒸れにくいものを使用すれば、ブーツを履いたときの臭い防止になります。化学繊維よりは綿や絹素材の5本指靴下などがおすすめです。

 

解決のヒント(7)

汗ふきシートで拭き取る

外出中にブーツの中が蒸れているようなら、化粧室などでブーツを脱ぎ、市販の汗ふきシート(またはアルコール入りのウェットティッシュなど)で足全体を拭きましょう。足がよく乾いてから再度ブーツを履くようにすれば、足の臭いを抑えることができます。

 

 

スポンサーリンク