アルコール消毒と手洗いのし過ぎで手が荒れる・原因と予防法

新型コロナウィルスなどの感染予防には、アルコール消毒と手洗いが有効ですが、いつの間にか手のひらや手の甲がカサカサになり、ひび割れたり、赤く腫れたり、ひどくなると血がにじんで痛みが出ることがあります。

アルコール消毒と手洗いのし過ぎで手が荒れるのはなぜなのか、その原因を知り予防するようにしましょう。

スポンサーリンク

アルコール消毒液で手が荒れる原因

1日に何度かアルコール消毒をする機会が増えましたが、一般に使われている消毒用アルコール(エタノール)には、除菌作用があると同時に、皮膚を乾燥させる作用もあります。

アルコール消毒液を手につけるとすぐに乾きますが、この乾燥するときに殺菌作用が働きます。同時に皮膚のうるおい成分(皮脂)と水分も奪ってしまうため、カサカサになります。

この状態で何度もアルコール消毒をすると、さらに皮膚表面の乾燥が進み、ひび割れたり赤く腫れたりして手荒れがひどくなります。

特に秋から冬、春先にかけては、気温が低く空気が乾燥しやすいため、手荒れも悪化しやすくなります。

スポンサーリンク

石けんによる手洗いで手が荒れる原因

石けんやハンドソープによる手洗いはウィルス対策には有効ですが、洗い方によっては手が荒れることがあります。

肌の表面の角質層は、「皮脂膜」と呼ばれるバリア機能に守られていますが、洗浄力の強い石けんを使用したり、乱暴な洗い方や拭き方をすると、このバリア機能が壊れてしまいます。

その結果、水分やうるおい成分が失われてしまい、肌が乾燥して荒れやすくなります。

1日に何度も石けんによる不適切な手洗いを繰り返すと、バリア機能の修復が間に合わなくなり、ひび割れたり湿疹ができたりと手荒れもひどくなります。

スポンサーリンク

手荒れを予防する方法

手荒れを放置すると、ひび割れて血がにじんだり、赤く腫れたり、湿疹ができて慢性化することがあります。
また、細かい傷の部分に細菌やウィルスが残りやすくなります。

次のような方法を参考に、手荒れを予防するようにしましょう。

手洗いは温水ではなく水で洗う

温水で手を洗うと、天然の保湿クリームと言われる「皮脂」が必要以上に洗い流されてしまいます。

その結果、バリア機能が弱くなり、手が荒れやすくなったり、細菌やウィルスに感染しやすくなります。

手を洗う時は水で洗うか、痛みがあってつらい場合はぬるま湯で洗うようにしましょう。

石けんはよく泡立てる

石けんはしっかりと泡立てて手を洗うことにより、摩擦による刺激が少なくなるため、手荒れの予防になります。

泡立てた石けんで、手の平と手の甲だけでなく、指を1本ずつと、指と指の間を力を入れずにしっかりと洗いましょう。

石けんは、できる限り無添加で肌にやさしいものを選びましょう。

また、液体のハンドソープの場合は、直接手につけると洗浄力が強すぎる場合があるので、泡タイプのものを選ぶようにしましょう。

泡タイプのハンドソープは、アマゾンや楽天市場からも購入できます。

泡タイプのハンドソープ(アマゾン)

泡タイプのハンドソープ(楽天市場)

水気を残さないように拭き取る

手を洗った後、水気が残っていると皮膚の水分を奪いながら蒸発して行くため、乾燥しやすくなります。乾燥した皮膚は外部の刺激を受けやすくなり、ひび割れたり湿疹ができやすくなります。

柔らかめのタオルやハンカチを手のひらや手の甲に押し当てるような感じで、水気を残さないようにしっかりと拭き取りましょう。

指と指の間も水分が残りやすいので、拭き取るのを忘れないようにしましょう。

ハンドクリームを塗る

アルコール消毒の後や手洗いの後は、潤いを失ってしまった手にハンドクリームを塗ることにより、乾燥を防ぎ荒れるのを予防することができます。

ハンドクリームは、手のひらや手の甲全体に塗った後、指と指の間や爪の周りも丁寧に塗りこむようにしましょう。
また、すでに手が荒れている場合は、就寝前にハンドクリームを塗った上から綿の手袋をつけて休むようにすると、翌朝にはかなり改善します。

市販のハンドクリームには色々なものがありますが、できる限り添加物が少なく、低刺激の肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

低刺激のハンドクリーム(アマゾン)

低刺激のハンドクリーム(楽天市場)

手袋で手を保護する

色々な外部の刺激から手を守る方法のひとつが、手袋をすることです。

掃除や食器洗いなどの家事をする時はもちろん、外出時も可能な限り手袋をつけるようにしましょう。

手袋には、100円ショップで購入できる使い捨て手袋のほかに、肌にやさしい布の手袋やビニール手袋、丈夫なゴム手袋などがありますが、状況により使い分けるようにしましょう。

すでに手が荒れている場合は、布の手袋をつけてからゴム手袋をつけるという方法もおすすめです。

消毒液と石けんを使い分ける

アルコール消毒と石けんによる手洗いは、必ず毎回行わなければならないというわけではありません。

アルコール消毒と手洗いの回数が多いほど手指は乾燥しやすくなり、荒れやすくなるため、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

目に見える汚れが手についている場合は石けんによる手洗いを、外出先などで水道が見当たらない場合はアルコール消毒だけでも十分です。

手肌への負担をできるだけ減らすことが、手荒れの予防にもなります。

皮膚科専門医を受診する

こまめにハンドクリームを塗ってケアしても、ひび割れがひどくなったり、痒みや痛みが出て腫れてきたり、血がにじんできたりして手あれが改善しない場合は、皮膚科の専門医を受診しましょう。

時には、化膿した傷やにきび等に生息する「黄色ブドウ球菌」が荒れた手指に付着していることがあります。
この場合はハンドクリームによる手荒れの改善は難しいので、皮膚科にて検査の上、専用の薬を処方してもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました