テレワークが急に決まったけれど、ネット環境がない場合はどうする?

現在、多くの企業でテレワークを導入していますが、急にテレワークが決まってもネット環境が整っていない場合があります。

特にひとり暮らしの方や、引越しの多い方はネット回線を引く時間的余裕がなかったり、引いても無駄になってしまうことがあるので、他の方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

会社と相談(または交渉)する

テレワークが始まった場合、作業に必要なパソコンやタブレット、スマートフォン、その他の周辺機器は、会社側が貸与するケースが多くなっています。

また、インターネット接続に関する通信費用も会社側が負担するのが一般的ですが、すでに自宅に光回線などがひいてある場合は、通信費用の一部を手当てとして支給するケースが多くなっています。

そのため、慌ててパソコンを購入したり、ネット環境を整えたりする前に、会社と相談(または交渉)するようにしましょう。

在宅で行う仕事の内容や期間によっても、何をどのように準備したらよいかが変わってきます。

スポンサーリンク

スマホのテザリング機能を利用する

テレワークが一時的なものであったり、ネットを介して行う作業量が少ない場合は、スマホのテザリング機能を利用して接続するという方法があります。

「テザリング」とは、スマートフォンを介してパソコンなどの端末をインターネット接続できる機能で、現在販売されている殆どのスマートフォンに内臓されています。

Androidの場合は、「設定」→「ネットワークとインターネット」の項目から「テザリング」というメニューをオンにすることにより利用できます。
iPhoneの場合は、「設定」→「インターネット共有」から「ほかの人の接続を許可」をオンにします。

オプションとして「Wi-Fi テザリング」「Bluetooth テザリング」「USB テザリング」の3つがありますが、「Wi-Fi テザリング」の場合は、パスワードを設定してパソコン側と接続します。「USB テザリング」の場合は、スマートフォンとパソコンをケーブルで接続するため、パスワードの設定は必要ありません。

※「テザリング」は、他の接続方法がない場合でも使えるので便利ですが、契約している事業者によっては事前申し込みが必要だったり、追加料金がかかることがあります。
また、データ通信容量に制限のあるプランでは、作業中に通信制限がかかることもあるので、事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

モバイルルーターを利用する

「モバイルルーター」とは、自由に持ち運べてパソコンやタブレット、スマートフォンなどの通信機器とインターネット回線を無線でつなげることができる端末を指します。

電波の届くエリア内であればどこでも通信可能なので、在宅勤務時はもちろん、会社や外出先などでも利用できます。また、「ポケットWiFi」と呼ばれることもあるように、小型サイズなので出張中や旅行先などでも、手軽に持ち運んでWiFi環境を作ることができます。

光回線のような工事は必要なく、契約後、自宅に機器が届けばすぐにインターネットを使うことができます。

月々の通信費はメーカーや機種により異なりますが、一般的に3,000円~5,000円が相場となっています。

モバイルルーターは、ネット環境をすぐに整えたい方や、自宅の回線工事ができない方、通信費を安く抑えたい方におすすめですが、契約する際には「通信容量」と「契約期間」も確認しておきましょう。

通信容量が無制限でない場合は、容量を超えると速度制限がかかってしまい、テレワークにも支障をきたします。
契約期間については、多くの場合2年~3年に設定されていますが、期間途中で解約すると解約料が発生することがあるので、テレワーク期間が短い場合は注意が必要です。

また、モバイルルーターの場合、建物などの障害物や天候などの影響で通信状況が安定しないこともあります。

ポケットモバイル」は、月額3,380円で大容量の月100GBまで使えます。
ソフトバンク・NTTドコモ・KDDIのすべてのネットワークに対応したクラウドWi-Fi技術により、日本全国の幅広いエリアで接続可能です。

2年間月額3,380円でデータ容量100GB!【ポケットモバイル】

 

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン」は、月間データ通信量無制限で、WiMAX 2+の高速通信回線を利用でき、料金も他と比べて安価なことから大人気となっているポケットWiFiです。
(ただし、3日間で10GB以上使った翌日の18時から午前2時までの約8時間のみ速度制限がかかります。)

DTI WiMAX2+ 使い放題の超高速モバイルサービス

 

ホームルーターを設置する

「ホームルーター」とは、面倒な手続きや工事などが必要なく、自宅のコンセントにつなぐだけでインターネット接続ができる機器を指します。

モバイルルーターと違って据え置き型なので、自宅でしかテレワークをしないという方におすすめです。

LTEやWiMAXといったモバイル向けのデータ通信を利用してインターネットに接続するため、光回線のように自宅に線を引き込む工事は必要なく、申し込み後機器が届けばすぐに利用できます。

また、モバイルルーターよりもWi-Fiの電波出力が強いので、パソコンやタブレット、スマートフォン、ゲーム機など、10台以上の端末を同時に接続でき、データ容量無制限のものを選べば、家族で利用することも可能です。

光回線が使えない建物に住んでいる場合でも利用でき、引っ越した場合は契約内容の住所変更だけで手続きが完了するため、すぐにインターネットが使えるという利便性もあります。

自宅の電源プラグにつなぐため、バッテリー切れの心配がないという安心感がありますが、利用の集中する時間帯は通信速度が低下するというデメリットもあります。

一般に固定回線よりも割安でネット環境を作れますが、auやSoftbankなど、契約している携帯電話のキャリアと同じ事業者のホームルーターを選べば、さらに割引が受けられます。

時期を見て光回線を導入する

テレワークが長期にわたることが予想されたり、扱うデータ量が多い場合は光回線の導入も検討してみましょう。

特に、ZOOMなどを使用したオンライン会議などがある場合、データ消費量も多く安定した通信環境が求められますが、光回線なら、どれだけ大量のデータ通信をしても速度制限がかかりません。

光回線は自宅へ回線の引き込み工事を行わなければならず、工事費用が発生したり、実際にインターネットが使えるようになるまでは時間がかかり、1ヶ月あたりの通信費も4,000円~6,000円とやや高めになっています。

しかし、通信スピードはモバイルWiFiに比べて圧倒的に速く、家族で同時に複数の端末をつないでも安定した通信環境が確保できます。

仕事以外でも、動画を見たりオンラインゲームをしたりといった使い方をしたい場合は、光回線が最適です。

ただし、マンションや集合住宅などで備え付けの光回線を使用する場合は、接続機器が古かったり、同時にネット接続する人が多くなると通信速度が遅くなることもあります。

光回線の中でも人気の「GMOとくとくBBドコモ光」は、特にドコモユーザーにおすすめです。
ドコモのスマホ・ケータイがずっと割引になるほか、Wi-Fiルーターの無料レンタルなどの特典があります。

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

Fon光」は下り最大2GbpsのNURO光回線を利用した超高速光回線サービスです。
プロバイダとの契約が不要で、月額4,378円で利用できます。

NURO光回線を利用したFon光が月額3,980円

 

タイトルとURLをコピーしました