室内のカビ発生を防ぐ方法

室内のカビは、普段はちょっと見落としがちですが、気がつくとびっしりと増えていてびっくりすることがあります。

増えたカビは嫌な臭いを発したり、衣類や家具類をダメにしてしまったり、時にはアレルギーの原因になります。

増えてから慌てないように、室内のカビの発生を予防しましょう。

また、カビは、温度が20~30度、湿度が80%以上になると発生しやすくなるということも覚えておきましょう。

家の中のイラスト

室内のカビ発生を防ぐには?

室内のカビ発生を防ぐ方法として、次のようなことが挙げられます。

こまめに換気する

室内はどうしても湿気がこもり、カビが発生しやすくなります。

1日に3~4回は窓を開けて換気しましょう。

梅雨の季節は曇りや晴れの日を逃さずに、窓を開けて室内の空気と外の新鮮な空気を入れ替えましょう。

冬季は、空気は乾燥していても結露などがカビ発生の原因になるので、窓やサッシの結露をふき取ってから換気する必要があります。

また、換気扇を利用して換気をするのも効果的です。

こまめに掃除をする

カビの発生を防ぐ大きなポイントは、室内に存在しているカビの胞子を取り除いてしまうことです。

しかし、畳やフローリングの床にいきなり掃除機を使用すると、カビの胞子が掃除機から排出され、逆効果になります。

市販の消毒用アルコール(エタノール)を使って軽く拭いてから掃除機をかけるようにしましょう。

エタノールにはカビのタンパク質を分解して殺す効果があるため、壁や窓などの掃除にも使用できます。

乾燥剤や除湿剤を置く

クローゼットや押入れの中など、狭い空間には、市販の乾燥剤や除湿剤を入れておくことにより、湿気を減らすことができるので、カビ対策になります。

使い捨てのものもありますが、最近は日光に当てるだけで繰り返し使えるものもあります。

除湿機を使用する

エアコンの除湿機能を使用するのも効果的ですが、専用の除湿機を使用することにより、室内の湿度を下げ、カビの発生を予防することができます。

最近は、小型で持ち運びができるもの、性能が良く省エネタイプのものなど、色々な除湿機が販売されています。

アマゾンで除湿機を見る

楽天市場で除湿機を見る

カビ防止スプレーを使用する

市販のカビ防止スプレーを、カビが発生しやすい場所にスプレーしておくだけで、予防することができます。

ただし、木製品やプラスチック製品は、シミになったり変色することがあるので注意してください。

カビ防止スプレーは、掃除をするときにも使用することができます。

カビ防止スプレー(アマゾン)

アロマオイルを使用する

香りが良くリラックス効果があるアロマオイルには、空気を清浄にする作用のほか、殺菌効果もあるため、カビ対策にも使用することができます。

100円ショップなどで売っているスプレーボトルに、無水エタノール10ml、精製水50mlを入れ、アロマオイルを3滴入れれば、手軽にアロマスプレーを作ることができます。

カビが発生しそうな場所にスプレーしたり、掃除に使用することもできます。

カビ防止には、ユーカリやレモン、ゼラニュウム、ヒノキ、ラベンダーなどの精油を使うと効果的です。

アロマオイル(アマゾン)

住宅・住まい
スポンサーリンク
くらしのSOSメモ
タイトルとURLをコピーしました