妊娠したかどうかを確かめるには

「生理が来ない」「もしかして妊娠したのかも・・・」こんな時は一刻も早く妊娠したかどうかを知りたくなりますね。出産を望んでいる女性にとっては、とても待ち遠しい妊娠。望んでいない女性にとっては、不安と心配で眠れない日が続くかもしれません。

こんなとき、以前は病院へ行って検査を受けなければわかりませんでしたが、今は「妊娠検査薬」というものを使用すれば、いつでも自宅で妊娠したかどうかを確かめることができます。

妊娠検査薬は女性にとって頼もしい存在と言えそうです。

 

解決のヒント(1)

妊娠検査薬で調べてみる

妊娠検査薬は、受精卵が着床(妊娠成立)してから分泌されるホルモン「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」の量を元に判定するものです。

「チェックワン」「クリアブルー」などの商品名で販売されていますが、尿をかけるだけで99%ぐらいの確率で判定が可能と言われます。

生理予定日の約1週間後から検査可能ですが、より確実に判定したい場合は排卵・または性交から3週間後に検査をすると良いでしょう。

また、アメリカ製の「早期妊娠検査薬」は受精後9日から検査が可能となっています。

妊娠検査薬は、薬局やドラッグストア、ネット通販などで販売されています。近所の薬局で購入しずらいという方は、ちょっと離れた地域の薬局を利用したり、メール便で送ってくれるネット通販などを利用してみましょう。

 

⇒ 妊娠検査薬(楽天市場)

⇒ 妊娠検査薬(アマゾン)

 

解決のヒント(2)

病院へ行き検査を受ける

妊娠したかどうかを確かめるための一番確実な方法は、やはり病院で検査を受けることです。

たとえ妊娠検査薬で陽性反応が出たとしても、子宮外妊娠や初期流産などの可能性がないとも言い切れません。病院で経膣エコー検査などを受け、子宮内(子宮内膜)に胎嚢が確認されてはじめて正常妊娠が確定されます。

特に生理の遅れ以外に痛みや出血が見られる場合や、出産を希望されない方は、早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

 

解決のヒント(3)

自分の体調を観察する

生理が来なくなり、基礎体温で高温が続くようになると妊娠している可能性が高くなります。

子宮も大きくなり、膀胱を圧迫するので尿が近くなり、おりものも増えてきます。

また、全ての人にあてはまるわけではありませんが、妊娠週数約4週~7週で胸焼け、吐き気、イライラ、眠気などのつわりの症状が現れます。

そのほか、乳房の張りや乳頭の痛み・黒ずみなどで妊娠に気づく人もいます。

この場合も、正常妊娠であるかどうかの確定はできませんので、必ず病院で詳しい検査を受けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク