水道管の凍結防止

寒くなると注意しなければならないのが、水道管の凍結です。

気温が0℃以下になると水道の水も凍ってしまい、氷の圧力で水道管が破裂することがあるからです。

水道管が破裂するとそこから水があふれ、元栓を止めなければなりませんが、修理が終わるまで水を使うことができなくなります。また、修理には多額の費用がかかります。

気温が下がって水道管が凍りそうなときの凍結防止法は?

 

解決のヒント(1)

ぼろ布や毛布を巻きつける

一番簡単な凍結防止法が、水道管と蛇口の周りにぼろ布や毛布を巻きつけてビニール袋などで覆い、ひもでほどけないようにしばっておくことです。さらにその周囲をエアパッキンや発泡スチロールなどで覆うとより効果的です。

水道を使用するたびに巻きつけたものを取り外す手間がかかり、凍結を100%防げるわけではありませんが、お金もかからず、すぐにでもできる方法です。

 

解決のヒント(2)

少量の水を出しておく

蛇口が屋内にある水道の場合に、おすすめの凍結防止法です。

就寝前に蛇口からポタポタと水が出るくらいに出しておくと、ある程度凍るのを防ぐことができます。

蛇口の下にボールやバケツなどを置いておき、溜まった水は再利用するようにしましょう。

 

解決のヒント(3)

水抜きをする

寒冷地にお住まいの方や、長期間家を留守にする場合には水抜きをすることにより凍結を防止することができます。

水抜き栓を完全に閉めてから、蛇口を開けて中の水を全部出し、蛇口を閉めておきます。使用するときは、蛇口が完全に閉まっていることを確認してから水抜き栓を開けて、水を少しずつ出します。

水抜き栓は、屋内にある場合と屋外にある場合があり、また手動式と電動式があります。どこにあるかがわからない場合は、お近くの水道店などにお尋ねください。

 

解決のヒント(4)

水道管凍結防止ヒーターをつける

水道管の近くに電気のコンセントがある場合、「水道管凍結防止ヒーター」を取り付けて凍結を防止することができます。多少高価であるのと、電気代がかかってしまうというデメリットがありますが、最近は「凍結防止ヒーター節電器」というものも販売されており、電気使用量を抑えることができます。

水道管凍結防止ヒーターは、ホームセンターやネットショップから購入することができます。購入する場合は、蛇口のタイプと水道管の太さ、電気コンセントまでの距離を確認してください。

 

⇒ 水道管凍結防止ヒーター(アマゾン)

 

ひとくちメモ

寒い時期は、メーターボックスの中も凍ることがあります。
ビニール袋に入れた布やエアパッキン、発泡スチロールなどをメーターボックスのメーターの周りに敷き詰めて入れておき、凍結を防止しましょう。

 

 

スポンサーリンク