水道管や蛇口が凍ってしまったら

水道管は、外気温が0℃以下になると凍る可能性が高くなり、-4℃以下になると屋外の水道管は確実に凍ります。

色々な凍結防止策を講じても凍ってしまったり、うっかりして何もしなかったために凍ってしまったときの解決法は?

 

解決のヒント(1)

ぬるま湯をかける

水道管や蛇口の凍っている部分に布やタオルをかぶせて、そこにぬるま湯をゆっくりとかけます。お風呂の残り湯などがあればそれを利用してみてください。

この時、急激に熱湯をかけると、水道管や蛇口がひび割れたり、まれに破裂することがあるので注意してください。時間がかかりますが、あくまでもゆっくりとやることで、徐々に氷が溶けて来ます。

 

解決のヒント(2)

自然に溶けるのを待つ

晴天の日や、すぐに水道を使う予定がないところは、自然に溶けるのも待つのもひとつの方法です。外気温の上昇に伴って自然に氷が溶けて来ます。

 

ひとくちメモ

もし、水道管や蛇口にひびが入ったり破裂してしまったら、すぐにメーターボックス内の止水栓(バルブ)を締めて、水が出ないようにしてください。井戸水を使用している場合は、モーターの電源を抜いて水が出ないようにしてください。

その後、お近くの水道工事店に連絡をし、修理を依頼してください。

水道メーターの破裂の場合は水道局が無料で交換、それ以外の水道メーターから蛇口までの故障については、民間の水道工事店が行うことになっています。

 

 

スポンサーリンク