トイレの詰まりを直すには

ある日突然、トイレが詰まって流れなくなる。そんなアクシデントに遭遇するとびっくりしてどうしたら良いかわからなくなってしまいますね。

しかし、軽度の詰まりなら自力で何とかなります。

業者に依頼する前に、次のような事をためしてみてください。

 

解決のヒント(1)

お湯をそそいでみる

水では溶けない硬い便や大量のトイレットペーパーなどが詰まって、トイレの水が流れない時に有効な方法です。

やかんにお湯を沸かして、便器にゆっくりとそそいでみてください。

あまりぬるいお湯では効果がありませんが、沸騰したての熱湯を使用すると便器が割れたりパイプ管が変形してしまうことがあるので、注意してください。

一度で流れない場合は、2回~3回お湯をそそいでみると詰まりがとれて流れる場合があります。

 

解決のヒント(2)

消毒液を流してみる

便器や管に溜まった汚れが原因でトイレが詰まったときに有効な方法です。

ハイターやマジックリンなどの消毒液を便器から流し入れ、しばらくそのままにした後にバケツや洗面器に汲んだ水を少しずつ流してください。

消毒液に含まれる界面活性剤の効果で、汚れの塊がとれてトイレの詰まりが解消されることがあります。

 

解決のヒント(3)

ラバーカップ(スッポン)を使用する

トイレの詰まりを直す、一番ポピュラーな方法がラバーカップ(スッポン)を使用することです。

吸引カップの部分を便器内の排水口を覆うように密着させ、柄の部分を持って押したり引いたりを繰り返してみてください。空気で圧力をかけて詰まりを取り除く方法ですが、便やペーパー以外の異物が詰まりの原因になっていなければ、多くの場合、この方法で解決します。

ラバーカップはホームセンターや100円ショップからでも購入できるので、いざという時に備えてひとつは常備しておきましょう。

 

解決のヒント(4)

真空式パイプクリーナーを使用する

ラバーカップで解決しなかった場合、より強力に圧力をかけることができる「真空式パイプクリーナー」というものがあります。

価格はラバーカップよりも多少高めですが、ホームセンターやネットショップで2000円前後で購入することができます。

 

⇒ 真空式パイプクリーナー(楽天市場)

 

 

解決のヒント(5)

トイレ用ワイヤークリーナー(パイプクリーナー)を使用する

タオルや雑巾など、水に溶けない物を間違って落としてしまい、それが原因でトイレが詰まってしまった場合に有効です。

ワイヤーの先端を便器の中に入れ、ハンドルを回しながらワイヤーを送って行きます。詰まりの原因となっているものに突き当たったら、逆回転させたり押したり引いたりしながらワイヤーに引っ掛け、引っ張り上げるという方法です。ワイヤーで便器にキズをつけたり、ワイヤーを奥まで入れ過ぎて取り出せなくなったりしないように、慎重に作業してください。

また、取り出したものを入れるために、あらかじめバケツなどを用意しておきましょう。

トイレ用ワイヤークリーナーもホームセンターやネットショップで購入することができます。

 

⇒ トイレ用ワイヤークリーナー(アマゾン)

 

 

解決のヒント(6)

業者に依頼する

上記の方法で解決できない場合、便器を取り外すという方法もありますが、手順が複雑なため、未経験の方にはあまりおすすめできません。取引先または近所に配管業者があれば電話で相談してみましょう。

それでも解決しなければ、最後はやはりトイレ詰まり専門の業者に依頼するしかありません。

業者に依頼した場合、高額な料金を請求される心配がありますが、それを防ぐためには、あらかじめ出張費や交通費などを含めた詳細な見積もりを提示してもらうことです。

よほど悪質な業者でなければ、通常のトイレ詰まりは1万円から1万5千円くらい、便器の着脱や高圧洗浄が必要になった場合は2万円前後が多いようです。

 

スポンサーリンク