結婚挨拶の手みやげには何がいいか

お互いの両親へ、結婚の挨拶に行く際には、手みやげを持って行くと話のきっかけがつかみやすくなり、相手に好印象を与えることもできます。お菓子類や各地の名産品、果物、漬物、お酒などがおすすめですが、手みやげを選ぶときには、次のようなことを参考にしてみてください。

 

解決のヒント(1)

相手の両親の好物を聞いておく

彼または彼女の両親が嫌いなものを持って行っても、気まずくなるばかりです。前もってどんなものが好きかを聞いておきましょう。菓子類や漬物類を選ぶ場合は、硬いものが苦手な場合もあるので、その辺の確認もしておきましょう。

 

解決のヒント(2)

甘党か辛党かを確認しておく

相手の両親が甘党か辛党かを確認しておくことも、忘れないようにしましょう。甘党の場合はケーキやクッキー、和菓子の詰め合わせなどが喜ばれます。辛党の場合は、漬物類やお酒のおつまみなどが喜ばれます。

 

解決のヒント(3)

手みやげの予算は3000~5000円

一般に、相手の両親に結婚の挨拶に行く場合の手みやげの予算は、3000~5000円くらいが無難です。あまり安価なものでもは相手に失礼になってしまい、逆に高価過ぎるものも良い印象を与えません。ただし、相手の家柄がかなり裕福な場合は、もう少し高価なものでも良いかもしれません。

 

解決のヒント(4)

相手の家のすぐ近くでは買わない

紙袋や包装紙には、店の名前などが印刷されていますが、相手の家のすぐ近くの店で買ったものでは、いかにも間に合わせのような印象を与えてしまいます。ネットのお取り寄せなどを利用して、近くの店では購入しないようにしましょう。

 

解決のヒント(5)

日持ちするものを選ぶ

予定通りに挨拶に行けなかったり、相手の家族がすぐに食べなかったり、食べ切れなかったりする場合も考慮して3日から1週間は日持ちのするものを選びましょう。

 

 

 

スポンサーリンク