水道水が濁った・原因と対処法

水道水が濁った場合は、まずどんな色に濁ったのかを確認しましょう。殆どの場合、白く濁るか、または赤茶色に濁るかのどちらかになります。また、飲んでもさしつかえない場合と水道管の交換が必要な場合とがあります。

 

白く濁った場合

【原因】
水道水の白い濁りは、多くの場合、細かい空気の泡が混ざったことが原因です。水道管内の空気が水と一緒に放出されることにより、細かい気泡となるため白く見えます。
この場合、容器に水を汲んでしばらく放置すると透明になります。また、異物が混ざっているわけではないので、飲んでもさしつかえありません。

【対処法】
ガラスのコップなどに水を汲んでしばらく放置してください。水が透明になれば白い濁りの原因は気泡なので、そのまま飲んでも健康上の問題はありません。
水道水のほうも、しばらく流せば透明になって来ます。
汲んだ水を放置しても透明にならなかったり、水道水をしばらく流しても透明にならない場合は、給水管の亜鉛が溶け出している可能性があります。このような場合は、お近くの水道局や水道店にご相談ください。

 

 

赤茶色に濁った場合

【原因】
赤茶色の水は、水道管や給水装置の鉄サビが流れ出したもので、通常「赤水」とも呼ばれています。
水道管内部の鉄面が長い年月の間に錆びてしまい、そこに自然災害や工事による断水が起きた後、急激に大量の水を流した場合などに鉄サビが流れ出すことがあります。
また、家庭の水道菅の老化により、水を流すたびに鉄サビが流れ出すこともあります。

【対処法】
鉄は体内に入っても大部分が排出されるため、少量の赤水を誤って飲んでしまったとしても、さほど心配することはありません。しかし、大量の赤水や鉄の濃度が高い赤水を飲んだ場合は、嘔吐や下痢の症状が出る場合があります。
赤茶色の水に気づいたら、飲まずにしばらく水を流して、透明になってから飲むようにしてください。
洗濯物は、色がついて取れなくなるので、洗濯機が動いている場合はすぐに中止し、透明な水になってから洗い直してください。
しばらく水を流して透明になれば問題ありませんが、いつまでも赤茶色の水が出たり、何度も繰り返し赤茶色の水が出る場合は、水道菅の発生場所を調査し、管の交換が必要になる場合があるので、お近くの水道局や水道店にご相談ください。

 

 

スポンサーリンク